お賽銭に1,000円以上入れる時の注意点!お札は封筒に入れよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

お札は封筒に入れる

小さな神社には賽銭箱が設置されていますが、初詣のシーズンなど、大きな神社では毎日多くのお金が賽銭として投げられます。

中には「箱」を設置せず、巨大な賽銭スペースにお金を投げ入れ、大量の硬貨がむき出しになっている神社もありますが、1,000円札や1万円札はあまり見たことがありません。
(たまに1,000円札がむき出しになっていることもありますが。)

しかし、参拝者の中には「お札」を賽銭として使っている人も結構います。

お賽銭にお札を入れるときは封筒に入れる

1,000円以上のお金をお賽銭に使う時は、そのままお札を賽銭箱に投げ入れず、白い封筒(お賽銭袋)に入れましょう。

お札を使うときは、白い封筒に入れて投げるので、賽銭スペースを見ても、1万円札がむき出しで投げられているケースは少ないです。

お賽銭袋には、必ず住所と名前を書いて、新札を使うようにします。

お賽銭の金額は大きいほどいいのか?

白い封筒にお札を入れて、中には10万円以上(1万円札10枚以上を包む)もお賽銭として投げる人がいるようです。

一般的には「5円か100円か?」と言われている中で、1万円や10万円は普通では考えられない金額ですが、では、お賽銭として投げる金額は大きければ大きいほど良いのでしょうか?

お賽銭の金額は高い方がいいという考え

金額が大きいという考え

お賽銭の金額は大きいほど良い」という考え方は強いです。
普段は5円でも、ココぞという時には思い切って500円を入れる。という人も多いと思います。

見返りを求めないことが大切

お賽銭は「お布施(おふせ)」の一種です。
お布施は仏教で「慈悲の心をもって、他人に財物などを施す」行為だと言われています。

つまり、「自分にとって必要なもの」を、慈悲の心をもって「見返りを求めず与える」ことが大切だという考えです。

「5円や100円程度ならお賽銭に使っても惜しくない」という気持ちでおこなうことは「自分にとって必要でないものを与えている」と思われても仕方がありません。

また普通に考えて、1,000円を「お賽銭」として使ってしまうよりも、1,000円を出せばご利益のありそうな「お守り」や「御札」を神主さん・巫女さんから買うことができます。
しかし、それでは「見返りを求めて金銭を施している」ということになってしまいます。

自分にとって痛い金額(1万円とか10万円)を「見返りを求めない心」で賽銭として使うことに意味があるのです。(もちろんあくまで一つの考え方です)

参照:http://maruzo3.blog45.fc2.com/blog-entry-116.html

等価交換であるという考えも

また、「ご利益は等価交換である」という考えもあります。
自分にとって神様へのお願いや受けたいご利益はどれくらいの価値があるのか?によって賽銭の金額を決めるという考え方です。

福井県が全国で一番お賽銭の金額が高い理由として、「浄土宗・浄土真宗の信者が多い地域」であるとの意見もありますので、やはり宗教家の方の意見としては「見返りを求めない」「等価交換」という意見が強いのかもしれません。

金額は関係ないという考え

金額は関係ないという考え

一方で、お賽銭の金額は関係ないという考えも大きいです。

一番人気のお金は100円玉

MSNが実施したアンケート結果によると、初詣に使うお賽銭は「100円玉を使う」と答えた人が最も多かったです。

続いて二番目に多かったのが5円玉です。

100円玉と5円玉を使う人が半数以上を占める結果となりましたが、一方で約10%程度の人が1,000円以上(つまりお札)を賽銭に使うと回答しています。

5円玉にはご利益がある

お賽銭の金額を語る上で根強い「5円玉にはご縁がある」という意見。
1,000円や1万円を入れるよりも、むしろ5円の方がご利益があるだろうという考え方です。

5円を複数枚入れたり、50円のような「穴あき銭」を使うことで効果が高まるという意見もあります。

また、お札ではなく、お賽銭箱に硬貨を投げ入れた時の「音」が大切と言う人もいます。
神様に祈願する前に、ジャラジャラと鐘を鳴らすのと同じ発想なのかもしれません。

管理人の場合は

ちなみに、わたしは金額は関係ない派です。
そもそも修行目的で10万円も入れるほど宗教に傾倒していませんし、やはり普通に考えてお賽銭として使うには抵抗がある金額だと思うからです。

わたしは一つの神社の中でも、まつられている多くの神様にお願いをすることが多いので、お賽銭が足りなくなってしまうこともあります。
そういう場合は「お賽銭ゼロ円」でお願いごとをすることもあります。
(友人にそれはないだろ!と言われましたが・・・)

まとめ

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

断捨離の方法と効果